誰でも簡単に続けられる日記アプリ

【日記の達人インタビュー】スマホアプリで日記を書き続けて4年。日記を続けるコツは?

【日記の達人インタビュー】スマホアプリで日記を書き続けて4年。日記を続けるコツは?

あ、どうも。ニッキーです。

 

前回、日記に関するアンケート結果をお届けしていましたが、今回はその回答者の一人へインタビューをしてきました。

 

この方、スマホの日記アプリを4年間使っているそうです。どんな感じで日記を書いているのか日記を続けるコツなんかも聞いてきましたので是非皆さんも参考にしてみてくださいね。

 

日記を書き続けて4年。Tさんインタビュー

ニッキー:本日はよろしくお願いします。

 

Tさん:よろしくお願いします。

 

ニッキー:まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?

 

Tさん:36歳、都内勤務の会社員です。2人の男の子のパパでもあります。

 

ニッキー:日記を書いてどれくらいですか?

 

Tさん:2015年の元日から書き始めたので、もうそろそろ丸4年になりますね。その間は一日も欠かしてないですよ。

 

ニッキー:一日も欠かさないってすごいですね。ちなみに、スマートフォンで書いてるんですよね?

 

Tさん:はい、某アプリを使ってます。でもほとんどメモ帳みたいな感じでシンプルな使い方をしていると思います。

 

ニッキー:ではそのアプリを使っている理由はなんですか?

 

Tさん:カレンダーで1日単位になるのと、検索できるのが便利で使ってます。

 

ニッキー:その2つはニッキーダイアリーでもできるのです。日記を最初に書こうと思ったきっかけは何ですか?

 

Tさん:もともと僕はライフログみたいに色々記録を付けるのが趣味だったんです。今でも日記以外に、家計簿や睡眠ログなんかもスマホで付けてます。その流れで2015年の新年に「今年は日記を始めよう」と自然に思いましたね。日記って書いたほうが良いものというのは分かっているんですが始めるきっかけが無いのでやっぱり新年は始めるにはちょうどいいですよね。

 

 

日記を続けるコツは「ラフに書くこと」

ニッキー:年の始まりに日記を続ける人は多いでしょうね。でも多くの人は三日坊主で終わってしまう中、Tさんは何故ずっと続けられたんですか?

 

Tさん:最初はやっぱり結構面倒だな~って感じはありましたね。でもどうせ自分しか読まないんだからラフに書こうって思うようになって少し書きやすくなりました。

 

ニッキー:どんな感じで書いてるのでしょうか?

 

Tさん:ほとんど行動記録みたいな感じですよ。「○○した。そのあとは△△した。」みたいな。ブログとかと違って他人が読む文章じゃないので、全然ラフです。ただ、一つだけ気をつけているのが、後から検索しやすいように、固有名詞とかは残すようにしてます。

 

ニッキー:他に気をつけていることは?

 

Tさん:1日の中でだいたい書くタイミングを決めて習慣化しています。平日の場合だと会社着いて午前中に1回、お昼ご飯食べてから2回目、仕事終わって帰りの電車に乗る時に3回目、寝る前に4回目みたいな感じです。それぞれ時間も書くようにしてます。そうすると、上の例だと毎日だいたい何時に帰りの電車に乗っているのかも分かるんですよね。

 

ニッキー:なるほど。

 

Tさん:書き続けているとだんだん自分にあったスタイルに固定されていくんだと思います。今では書かないと不安になっちゃいますね(苦笑。

 

日記を書いていてよかったことは?

ニッキー:日記を書いていてよかったことはなんですか?

 

Tさん:いくつかあるんですが、まずは「振り返って書く」という行為そのものに意味があると思ってるんですよね。人によってはそれが面倒だと思うんですが、一回立ち止まって前回書いてからの出来事を振り返って文字にすることで自分の中で整理されるというか。

 

ニッキー:なるほど、よく分かります。

 

Tさん:あとは先ほどの検索の話じゃないですが、色々記録しておくとちょいちょい役に立つんですよね。例えば、1年に1回みたいなイベントがあったとして、その前日に1年前のそのイベントの時の日記を見返すと「ああ、そうだった、そうだった」って。それで「じゃあ今回はもうちょっとこうしてみよう」とか気付けたりするんですよね。それは久しぶりに人に会う時とかにも振り返ると、「あぁ、前回そんな話してたな」とか思い出すことができます。

 

ニッキー:長く続ければ相当な情報量が溜まっていきますよね。

 

Tさん:あとは単純に「2年前の今日何やってたかな」とか見返すと結構面白かったりします(笑。

 

 

ニッキーダイアリーについて

ニッキー:ニッキーダイアリーについてはどう思いますか?

 

Tさん:コンセプトはとても良いですよね。書くことのハードルを下げるのに、アプリから質問がきてそれに答えるというのは分かりやすいです。質問に答える以外にも自分のペースで書けるところもあるし、検索もできるので一通り機能は揃っていると思います。

 

ニッキー:私との会話はどうでしょうか?

 

Tさん:結構トンチンカンな回答が多いよね(笑。

 

ニッキー:ブワッ

 

Tさん:でもその辺りが改善されたらもっと良いアプリになるんじゃないかな。いずれにしろ、これで日記を書くことのハードルが下がって、日記を書く人が増えてくれたら良いよね。

 

ニッキー:日記を書くことは大事なことですよね。

 

Tさん:僕は日記は「過去(になったもの)」を記録することで、「今」と「未来」の人生をちょっとだけ豊かにできるツールなのだと思ってます。これからも日記は続けていきます。

 

ニッキー:今日はありがとうございました。

 

ニッキーダイアリーのダウンロードはこちらから